危険物取扱者 乙種総合自習室

 第2類危険物の定義

消防法における危険物とは、消防法別表第一の品名欄に掲げる物品で、同表に定める区分に応じ同表の性質欄に掲げる性状を有するものを言います。

また、その類の危険物かどうかを判定するために、政令で定める試験において政令で定める性状を示すものであることを確かめる判定試験(下記法令参照)を行います。

消防法 別表第一 備考より
二 可燃性固体とは、固体であつて、火炎による着火の危険性を判断するための政令で定める試験において政令で定める性状を示すもの又は引火の危険性を判断するための政令で定める試験において引火性を示すものであることをいう。
三 鉄粉とは、鉄の粉をいい、粒度等を勘案して総務省令で定めるものを除く。
四 硫化りん、赤りん、硫黄及び鉄粉は、備考第二号に規定する性状を示すものとみなす。
五 金属粉とは、アルカリ金属、アルカリ土類金属、鉄及びマグネシウム以外の金属の粉をいい、粒度等を勘案して総務省令で定めるものを除く。
六 マグネシウム及び第二類の項第八号の物品のうちマグネシウムを含有するものにあつては、形状等を勘案して総務省令で定めるものを除く。
七 引火性固体とは、固形アルコールその他一気圧において引火点が四〇度未満のものをいう。

危険物の規制に関する政令 より
(第二類の危険物の試験及び性状)

第一条の四  法別表第一備考第二号の火炎による着火の危険性を判断するための政令で定める試験は、小ガス炎着火試験とする。
2  前項の小ガス炎着火試験とは、試験物品に火炎を接触させてから着火するまでの時間を測定し、燃焼の状況を観察する試験をいう。
3  法別表第一備考第二号の政令で定める性状は、前項の小ガス炎着火試験において試験物品が十秒以内に着火し、かつ、燃焼を継続することとする。
4  法別表第一備考第二号の引火の危険性を判断するための政令で定める試験は、セタ密閉式引火点測定器により引火点を測定する試験とする。


危険物取扱者 乙4自習室 危険物取扱者ケータイ乙4自習室 危険物 ケータイ乙種総合自習室 漢字自習室 検索結果リンクリスト作成ツール

[亮庵の自習室シリーズ] ryouan-study.com
http://www.ryouan-study.com/allotsu/
copyright 2007-2009 亮庵 all rights reserved.
z_1915996(a)infoseek.jp please( (a)→@ )